低コストで結婚式場を見つけるコツ|最高に幸せな時間を過ごすには

和の結婚式

新郎新婦

思い出に残る神前結婚式

現代の結婚式というと、チャペルなどで洋風の結婚式をあげるのが人気があります。しかし、日本古来の和婚での結婚式もまだまだ人気は衰えておらず、京都などの寺院が多い場所で結婚式を考えられている方には特に人気があるものになっています。神社などで和婚見られたことのある方は多いと思います。和婚は、まず花嫁衣裳のよさに定評があります。純白の和装に身を包んだ花嫁は、上品な印象や、日本古来の伝統のよさが垣間見えます。また、近年では白無垢の衣装だけではなく、豪華絢爛の色鮮やかで、様々な刺繍を施された和装も人気があります。また、新郎側も主に紋付袴で身をつつみ、和婚の雰囲気を格段に盛り立て、和婚ならではの厳かな空気感も演出してくれます。和婚の主な流れとしては、まず、新郎新婦の入場に始まり、だいたいどこの寺院でも身を清める儀式があります。その後、お祝いの祝詞を読み上げます。それが終わると、誓いの言葉を読み上げる儀式へと移行し、玉串をお供えする儀式へとなります。お供えが済むと、指輪の交換をして、参列者と共に、お酒を3口で飲み干すという日本ならではの儀式へと移ります。それが済むと、新郎新婦は退場するのが一般的な神前結婚式の流れとなります。和婚は、参列者からもその厳かな雰囲気から魅了される方が多く、京都などの有名寺院などでの開催が定評があります。そのため、京都の寺院では、和婚をしている寺院がとても多いのです。京都以外でも日本には様々な寺院がある為、今後も和婚のよさをしり、和婚での結婚式を挙げられる方が増えると良いですね。